未分類

トレーニングの効果を高める意識作りとは

痩せたい・筋肉をつけたい・モテる体型になりたい・肉体改造したい。
そんな思いの中で、トレーニングを続けてきた人にの手助けになるポイントを紹介します。

①目標設定を明確にする
現在の体重や体脂肪率、胸囲やウエストのデータを測定します。
そして、自分自身の体型を写真にし、目に見える状態にします。
ハリウッド映画史上、最も美しい女優と言われたエリザベス・テイラーは自分の最悪の状態の全身写真を冷蔵庫に貼り、冷蔵庫から食べ物を手に取りづらくしていたことがありましたが、このようなイメージです。

例えば、目標が「3ヶ月後に体重は〇〇kgで体脂肪率〇〇%!」と目標にするのも良いが、できるだけ細い目標を設定する。
「1ヶ月後に体重〇〇kg、体重〇〇kg、2ヶ月後には〇〇kg、体脂肪率が〇〇%」というように。
短期間の目標の方が、早く修正が効き、モチベーションダウンを防ぐことができます。

②継続は力なり
筋肉や脂肪は一長一短で身につくものではありません。
トレーニングやダイエットも、適切な食事と栄養摂取、休養のサイクルによって、地道に継続できる人が理想の体に近づくことができます。

③正しい方向性で努力すること
やみくもに食事やトレーニングをするのではなく、エビデンスを基にトレーニング期間や食事の時間を管理するべきです。
根性や経験を基にトレーニングするのでは、怪我にも繋がりかねません。
体の変化は適切なトレーニングと適切な栄養摂取、適切な休養が組み合わさってできるものですから。

④1repごとに集中すること
ターゲットとなる部位を意識し、筋肉の収縮を感じながらトレーニングすること。
漠然とした挙上とターゲットとなる部位を意識し、トレーニングをするのでは効果があるのは後者ではないでしょうか?

⑤変わった後のメリットを脳にインプットする
目標設定の仕方にコツがあります。
「10kg痩せる」や「kg持ち上げる」というのも目標になりますが、「〇〇kg痩せる」の〇〇kgを「ゴール」にはしないのです。
「50kgになって、かわいい洋服を買う」や「Sサイズの洋服を切れるようになって、デートで着ていく」、「ムキムキになって、告白する」など痩せたり筋肉がついたら自分はどんなメリットがあるのかを考え尽くして、ノートなどに書き出し、見えるようにするのです。
人間の欲求は現実的なもののため、「痩せたらこうなる」「筋肉がついてどうなる」という具体的なメリットを決めた方がモチベーションも高くなり、肉体改造に成功しやすくなります。

これらの5つのポイントのうち1つでも意識すると肉体改造の成功に繋がるのではないでしょうか?