未分類

若返り&モテホルモン「テストステロン」を増やす方法

男らしさや筋力を司る「テストステロン」。

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、男性と女性ともに分泌されます。
タンパク質の合成を助け、筋肉と筋力を増強させる働きがあります。テストステロンはテンションが高まった状態や性交渉のの場面で分泌が高まることが分かっています。

今回は男性にとって、若返りやエネルギッシュ、モテにつながるテストステロンについて紹介していきます。

▼テストステロンを高めるとどんなことが起きるのか?▼

①挑戦意欲が高まる

②意思決定力が高まる

③支配力が高まる

④モチベーションが高まる

⑤筋力アップを促進する

ストステロンの値が高いほど、挑戦意欲が高まったり、意思決定力が向上したり、支配力が高まったりします。仕事や恋愛で成功したいなら、テストステロンが高くないといけません。

▼テストステロンを増やすにはどうすれば良いのか?▼

①筋トレ
テストステロンを増やすためには筋トレが不可欠であります。
筋肉を大きくするためにもテストステロンの分泌が不可欠になります。

②体脂肪を減らす
お腹周りに脂肪がつくと、テストステロンがエストロゲン(女性ホルモンの一種)に変換されます。
また、BMIが25以上の男性は標準な男性に比べて40%もテストステロンの値が低いことが研究で分かっています。

③カフェインを摂取する
トレーニング前にカフェインを摂取すると、カフェインを摂取しない人と比べると、21%もテストステロンを増加させることが分かっています。

④Hな映像を見て、禁欲する
セックスをするとテストステロンが増加し、リラックス効果があることが分かっています。
しかし、射精をしすぎると、テストステロンが低下することが分かっています。
射精をすると、亜鉛やアルギニンが大幅に失われてしまうからです。

⑤睡眠時間を伸ばす
睡眠時間とテストステロンには大きな関係性があり、睡眠時間と8時間と4時間では睡眠時間が4時間の方はテストステロンの値が40%も低いことが分かっています。また、睡眠時間を1時間増やすごとにテストステロンの値が15%も向上します。

⑥断食する時間を増やす
適度な空腹による、カロリー不足は全身の男性ホルモンを活性化する働きがあります。
1日3食を2食に。また、毎回の食事を腹8分にすると良いでしょう。

⑦お酒の飲み過ぎ、タバコに喫煙を控える
数多くの研究により、飲酒・喫煙はテストステロンの低下に大きく起因することが分かっています。

⑧水分補給をする
体内の水分1~2%不足すると、ストレスホルモンが急増することが分かっています。
それに伴い、テストステロンが下がるというわけです。

日常生活で意識するだけでも、テストステロンを増加させることができるので、1日5分でも構いませんので、上記のいずれかにチャレンジして見てはいかがでしょうか?